脊柱管狭窄症の治療の選択肢は手術だけではありません。

  • 脊柱管狭窄症だから腰痛は仕方ない
  • 腰痛の影響で好きなことができない
  • 長時間座っていると足に痺れがでる
  • 歩いていると足が痺れて歩けなくなる
  • 病院では手術しかないと言われた
  • 薬を飲んでいるが一向に改善しない

あなたはこのような不調や不安を感じたことはありませんか?

いわさき鍼灸院・整骨院は、あなたのお悩み・疑問を一緒に解決し症状の改善へと導きます。

まずは脊柱管狭窄症について知りましょう。

脊柱管狭窄症は、背骨にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭くなる症状です。
主に腰に起きるため、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれることも多いです。

通常、加齢に伴って発生するとされていますが、年齢が若返る方は存在しませんので、加齢が原因であるならば治ることがないということになります。
当院では加齢が原因で起こる症状などないと考えています。
狭窄部位以外の原因が必ずあります。

どのような治療も原因に対してアプローチすることができなければ、改善はなかなかみられません。

脊柱管狭窄症による不調は【正しい動き】と【正しい姿勢】で根本的に症状を改善することができます。

脊柱管狭窄症治療の流れ

1.【正しい動き】に調整して、血液循環を改善し内臓疲労を取り除く

どんな症状も発生するまでに血液循環の低下と内臓疲労の蓄積という問題が生じます。ここの調整をおろそかにしてしまうことで改善と再発を繰り返してしまいます。まずは血液循環の改善と内臓疲労の除去による自然治癒力を高めることから始まります。

 

長期に脊柱管狭窄症による不調を患っている方は内臓疲労が蓄積し、腹部がカチカチに緊張しています。よって緊張した腹部に引っ張られ、姿勢が前屈みになると共に腰部の筋肉が過緊張を起こし痛みの原因になってしまいます。

【正しい姿勢】に調整して、バランスの良い身体作り

腰が痛いから腰を治療すればいいというわけではありません。急に捻った、ぶつけた、などの原因がない限り患部に問題があるケースは私の臨床経験の中でごく少数です。痛みを発生している部位は身体のバランスが崩れ、結果的に症状として現れた部位です。よって脊柱管狭窄症の場合でも患部に負担をかけているポイントは必ずあります。

3.患部の負担を取り除く

最後に患部の調整です。当院では脊柱管狭窄症への直接的なアプローチはあまり行いません。①と②の調整を行うことで患部の負担の多くは軽減されます。

あきらめないをモットーに

どんな症状も【正しい動き】と【正しい姿勢】に調整し、からだの歪みを整えて患部への負担を減らすことが症状改善の近道です。

腰は漢字で書かれるように体の要です。

腰部の不調は多くの負担を庇った結果の症状です。

よって脊柱管狭窄症の治療の場合、体質改善を行っていく上で症状改善までに2、3ヶ月かかるケースもございます。

当院では、独自の検査法にて4、5回目の診察でおおよその治療期間と通院ペースをお伝えしております。

決して、あきらめないでください

どのような不安も悩みも一度ご相談ください。

当院は、あなたの不安に思う未来を【安心】に変えるお手伝いをさせていただきます。