妊娠中の癖を正すことで産前産後腰痛は改善されます。

  • 腰が痛くて子供を抱っこするのが辛い
  • 産後、腰痛がひどくなった
  • 腰が痛くて上向きで寝ることができない
  • 歩いていると腰痛が強くなる
  • 下半身のむくみが気になる

あなたはこのような不調や不安を感じたことはありませんか?

いわさき鍼灸院・整骨院はあなたのお悩み、疑問を一緒に解決し症状の改善へと導きます。

なぜ産前産後に腰痛が起こるのかを知りましょう。

妊娠を機に体の状態で大きく違うものは「ホルモンバランスの変化」です。

妊婦さんの体は、妊娠3ヶ月~産後23日までリラキシンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは子宮を弛緩させたり、股関節をゆるめたりして、お産の準備をするためのホルモンです。

しかし、このホルモンはお産に関係する場所だけではなく、全身の関節をゆるめてしまいますので、関節の緩みを筋肉が補うことで血液循環が低下し、様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

妊娠中はお腹を守るために骨盤のバランスを崩してしまいます。

また、お腹が大きくなるにつれお腹の重さに引っ張られ腰が反る『反り腰』という状態になってしまいます。

産前産後の腰痛の多くは反り腰による腰痛です。

また、産後に反り腰の癖が戻らず反った腰の状態が続くことで腰痛を慢性化させてしまいます。その状態で子供を抱っこしたり前屈みになる機会が増えることで腰痛がさらに悪化してしまいまうのです。

 

当院の産前産後の腰痛治療の流れ

1.【正しい動き】に調整して、血液循環を改善し内臓疲労を取り除く

どんな症状も発生するまでに血液循環の低下と内臓疲労の蓄積という問題が生じます。ここの調整をおろそかにしてしまうことで改善と再発を繰り返してしまいます。まずは血液循環の改善と内臓疲労の除去による自然治癒力を高めることから始まります。

2.【正しい姿勢】に調整して、バランスの良い身体作り

妊産婦さんの場合、ホルモンの影響によって関節が緩むことで周辺筋肉への負担が大きくなります。また赤ちゃんを抱っこする上でも骨盤の使い方を整えることはとても大切です。

骨盤の使い方を正すことで、腰痛だけではなく腱鞘炎や足のむくみをを予防することもできるのです。

 

3.患部の負担を取り除く

最後に患部の調整です。当院では妊産婦整体において患部への直接的な治療はあまり行いません。なぜかというと①と②の過程で改善される方がほとんどだからです。

あきらめないをモットーに

どんな症状も【正しい動き】と【正しい姿勢】に調整し、からだの歪みを整えて患部への負担を減らすことが症状改善の近道です。

 

当院は完全予約制の院ですのでプライベートな空間を保っております。ご希望の方は不調や悩み相談も女性スタッフが一緒に対応いたします。

安心してご来院ください。

 

どのような悩みも症状も当院にご相談ください。

当院は、あなたの不安に思う未来を【安心】に変えるお手伝いをしております。

【患者様のお声】

産後の腰痛が改善された方のお声をいただきました